[思想的、疫学的、医療について]アーカイブ

健康診断受診の本質、その認識構造から垣間見る存在論的考察

病名とは何か、ソシュール言語学から垣間見る疾患成立の恣意性

薬が効くとはどういうことか、薬剤効果の現象学的考察

病名と時間、構造主義医療から考察する疾患定義とは何か

現前の形而上学と健康幻想論

脱構築的決定に垣間見る病名の暴力性

糖尿病検診のゆくえ

病名の存在論的差異

続・病名の存在論的差異

患者の選好・価値観に基づく医療(Value-based Medicine; VBM)

社会契約的医療論~一般意志2.0を実装したもう一つのEBM~

思想的、疫学的、因果関係について

科学的方法論と医療と

思想的、疫学的、医療について

医療…その“科学的”という立場を再考する

とんでも医療と正統医療の哲学

モヤモヤしたものをモヤモヤ見るということ

薬の現象学〜第1回:イントロダクション〜

薬の現象学~第2回:薬剤効果とは何か~

薬の現象学~第3回:因果関係に関する予備知識~

薬の現象学~第4回:薬剤効果の認識原理~

薬の現象学~第5回:薬剤効果の3世界像~

薬の現象学~第6回:病名とは何か~

薬の現象学~第7回:病名付与と患者固有の時間~

薬の現象学~第8回:薬剤効果の世界像を再構築する~

薬の現象学~あとがき~

差異の薬学~薬のデギュスタシオン~

薬剤師のための情報リテラシー ~ICTを活用した医薬品情報業務と臨床教育への可能性~

”カッコいい薬剤師からのラストメッセージ”

理論と現象のはざまで…

幸せというものが僕にはよくわからないんだ。

もう少し自由に生きること。

鼻声に垣間見た患者の心理

臨床疑問のゆくえ

ドーナツとエビデンス

年頭所感〜“象”を追え〜

セカオワと構造構成主義と病気の実在について

「死」の医療化

医療における「悪」とは何か~事実と価値の2分法から垣間見る臨床判断の姿~

恐怖の哲学から垣間見るポリファーマシー問題

かかりつけ薬剤師とは何なのか

医療に自由はあるか。-“正義”に潜む“犠牲”の声に耳を傾けて‐

ノセボ効果に垣間見る薬剤情報提供のリスク

ポリファーマーシー問題の再考

自由の探究~イマヌエル・カント道徳形而上学の基礎づけ~

自由の探究-ジョン・スチュアート・ミル自由論-

何のために健康を欲するか。

薬剤効果の形而上学

[出版のお知らせ]エビデンスを探して読んで行動するために必要なこと

有害アウトカム覚知の暫定性-生成と消滅のゆくえ―

薬物治療を思考する~超高齢者に対するアピキサバンの有効性・安全性検討~

薬剤効果の認識論的転回~薬剤効果の反実在論~

ポリファーマシー問題…問題が問題なのかもしれない。

『理論』と『現象』

『理論』と『現象』(2)

新規糖尿病治療薬の臨床試験をめぐるあれこれ

医療は人を癒せるのか

自殺をしたいと言う想いにどう向き合えばよいのだろうか、という考察を始めたい。

高齢者のてんかん

ポリファーマシーへの関わり~EBMの手法に対する批判と応答~